脂肪親和性とは脂肪が体に沈着するのを防ぐこと

脂肪親和性とは、脂肪の沈着を阻止する働きのことです。それを高める事が出来れば、太りすぎの方は、体脂肪の量を減らせます。また標準体型の方でも、その努力をすることで、太りにくい体を維持できます。

ダイエットを成功させるコツは、脂肪親和性について理解をすることです。誰もが一人一人脂肪のつき方もそれぞれ異なりますし、年齢、体質、性別も異なります。さらに季節や体調によっても、痩せやすい方法や必要な栄養素が異なりますので、それを理解した上で減量を実践するのです。

そして自分の体格や脂肪、筋肉の量について知ることも大切です。こちらは体重計などで計測できますので、正確に数字を出してみましょう。脂肪の量が多ければ、それを減らすための食事や運動を実践できます。

運動も、自分に合った方法を選ぶことが重要です。今まで体を動かす習慣がほとんどなかったのに、突然ランニングを始めたら、つらいと感じるはずです。関節や足にも、大きな負担がかかります。ランニングが減量に効果的だということはわかっていても、それで自分の体を痛めてしまっては意味がありません。

無理なく体に負担のない範囲で続けられる運動を、考えてみましょう。運動は続けることで、筋力アップと体力がついてきます。無理して行うような方法ですと、いずれ続かなくなってしまう可能性が高いのです。それでは、いつまでも理想的な体を作ることは難しいのです。自分の体ときちんと向き合い、それに適した方法を探しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ