エフェドラは気管支を広げる効果だけでなく脂肪の燃焼も促してくれる

エフェドラは、ハーブを原料とした薬品です。ダイエットに効果のある薬として、米国を始め海外でも広く飲まれています。日本でも個人輸入を通して、それを入手できます。もともとは中国原産の薬草で、気管支を広げるために用いられてきました。気管支炎や気管支ぜんそくに効く、咳止めの薬として利用されています。

それがダイエットにも効果があるということで、痩せる目的でも用いられるようになりました。これには、エフェドリンという有効成分が含まれていて、それが交感神経の働きを高めてくれます。血管の収縮が活発になりますので、血流が良くなります。それにより、体の代謝機能を高められるのです。

基礎代謝、体温、血圧をわずかに上昇させて、脂肪の燃焼効率をアップしてくれます。また、運動前に摂ることで、その効果を高めてもくれます。さらにコーヒーなどに含まれているカフェインと併用することで、食欲を抑えてくれる効果もあります。

実際に肥満の方に試してもらったところ、一定の減量効果が見られています。
ただし、高い効果が期待できる反面、副作用もいくつか報告されていますので注意が必要です。

脳出血や心筋梗塞などを引き起こすリスクも高いため、ダイエットを目的として服用されたい方は、その副作用についても理解した上で服用するようにしましょう。摂取量は、必ず守りましょう。副作用も認められていますが、一日に定められた量を摂るなら被害は及ばないことがわかっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ