天然醸造酢とは酒だけを原料として作られたお酢

お酢は、健康効果の高い調味料の一つです。含まれているクエン酸が疲労回復を早めてくれますし、調味料として加えることで減塩効果も得られます。この酢には、合成と醸造の2タイプがあります。その原料は、米と酒です。醸造酢とは、純粋に米だけから作られている製法で作られています。

天然醸造酢とも呼ばれています。一方で、合成されているものは米の割合を減らして、工業用のアルコールを代用して作られているのです。
醸造の製法で作られたほうが、手間と費用がかかります。価格を比べてみると、合成で作られている物が安く手に入れられます。

そして味にも違いが出てきます。醸造なら、原料が自然と発酵するまで時間をかけて待ちますので、できあがるのにそれなりの時間を要します。合成なら、その手間を大幅に省くことができるのですが、発酵過程で出されるお酢が持つまろやかさがありません。飲み比べてみると、その違いがわかります。

天然醸造酢には、栄養成分がぎっしりと詰まっています。原料が発酵する過程でミネラル成分が豊富に発生するからです。そのおかげで、多大な健康効果をもたらしてくれます。効果のひとつとして、まず殺菌力が高まります。

お酢には、菌の繁殖を抑える働きを持っていますが、その力をさらに高めてくれるのです。胃腸の調子が悪い時にも、それを摂ることで胃腸の働きが活発になります。特に暑さでバテやすい夏の時期に、この調味料を用いた食事を摂ることで、疲労回復と食欲回復の両方の効能が得られるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ