大腸の働きを活性化することがダイエットの成功を導く

大腸は、消化吸収を担う臓器です。この活動を活性化することで、痩せやすい体質が作れます。この器官には、たまっている老廃物を便と共に外に出してあげる働きを持っています。この機能を高めることで、健康と美容に効果があるのです。その方法の一つが、お水を飲むことです。

水分が不足すると老廃物である便も固くなります。そこで適度に水分補給をすることで、便を柔らかくし出やすい状態にします。料理からも水分をとっていますが、それに加えて1.5~2?のお水を飲むようにしましょう。

お水は水道水でも構いませんが、栄養補給もしたいなら、ミネラル豊富なミネラルウォーターが適しています。ミネラル成分を含む量が多い硬水を飲むことで、より一層毒素排出効果も高まります。その時の注意点としては、一度に多くの量を飲み過ぎないことです。体が処理できる以上の量をとると、むくみやすくなるからです。

また、体を冷やすと内臓や腸の働きも鈍くなりますので、常温か温めた物にします。
そして水を飲むタイミングですが、朝起きがけにコップ一杯飲むことから始めます。最初にそれが体に入ると、腸が刺激を受けて活動を始めるからです。

食事と一緒にとるよりも、食前に飲むことで内臓の働きが活性化しますし、それだけで多少空腹を紛らせます。運動の前に飲むと、発汗量が増えますので、老廃物が排出されやすくなります。さらに汗をかいた後も、失われた水分を補給するために飲みます。これをしばらく続けてみることで、便秘が改善されていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ