セルロースとは穀類に含まれる不溶性の食物繊維

セルロースとは、不溶性の食物繊維の一種です。自然界に生息する植物に、最も多く存在する繊維です。これを多く含んでいる植物は、穀類、ごぼう、さつまいもです。また、綿や麻、紙などもそれを含んでいます。

セルロースは、体内で腸内環境を整える役割を果たしてくれます。不溶性の食物繊維ですから、水分を含むことで胃腸の中で大きくふくらみます。それが腸に刺激を与えて、その働きを活発にし、便の排泄を促してくれるのです。それだけでなく、腸内に生息する有害物質を吸着してくれ、それを外に出してくれるのです。

体に不要な老廃物をきちんと掃除して出してくれますので、高いデトックス効果が得られます。また、腸内環境を整える手伝いもしてくれます。これが腸内で分解された後は、発酵が進みます。それが、善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり、その繁殖と増強を手伝ってくれます。

腸の環境が整えば、自らの力で老廃物を外に出す働きを高められますので、健康体に近づけます。セルロースを含む食品を日常的に食べることで、健康を維持するのに役立ちます。多く含むのは穀類ですが、玄米や全粒粉などの未精製の穀類にも、多く含まれています。

また、それらの未精製の食品は精製後の物よりも固いため、よく噛む必要が出てきます。そのお蔭で唾液の分泌も促されて、消化活動も活発化します。それにより満腹中枢が早く反応するようになり、食べすぎを防げるのです。現代人は柔らかい物ばかり食べて、あごや歯が弱いと言われており、その発達にも効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ