ステビアはカロリーゼロで砂糖の200倍以上の甘さを持つ甘味料

ステビアとはハーブの一種であり、甘味料として使われています。それが、商品名として使われていた時期がありましたので、ご存知の方も多いでしょう。南米が主な生産地で、丈夫な多年草です。その葉には、強い甘味を持つステビオサイドという成分が含まれており、抽出することで甘味料として使います。

その甘さは砂糖の200倍以上もありますが、それ自体のカロリーはほとんどゼロに近く、人体に悪い影響もありません。このステビアは、ダイエットや糖尿病の方に向いている甘味料です。味も通常の砂糖に近いため、飲み物や料理に使っても味を大きく変えることがありませんので、普段の食生活にも取り入れやすいのです。

少量使用しただけでも、強い甘味が感じられますし、熱量も低いため、太ることを配しなくて済みます。糖尿病やその予備軍の方も、血糖値の急上昇を防げますので、症状を悪化させずに甘い物をとることができます。

また、最近の研究において、インスリンの働きを改善する効果も認められています。
一時期、それを摂ることで不妊などの副作用が起こると言われていましたが、研究の結果人体に影響がないことが分かっています。

安全性も高いので、安心してとっていただけます。日本でも、飲料、お菓子、漬物などさまざまな食品にステビアが使われています。年々その消費量は増えており、日本は世界でも有数の消費国です。今後もますます多くの製品や医療の分野で、使われていくと考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ