果糖ブドウ糖液糖は果糖とブドウ糖が混合された甘味料

果糖ブドウ糖液糖とは甘味料の一種であり、ジャガイモやサツマイモ、トウモロコシなどのでんぷんを原料にして作られています。果糖とブドウ糖はそれぞれ別の物なのですが、その配合割合に応じて呼ばれ方が変わることがあります。

これはジュースやお菓子などに含まれており、原材料表示を見てみると使われている製品が非常に多く見つかります。糖は、人間のエネルギー源として必要な成分ですが、摂りすぎることで肥満の原因にもなります。両方とも果物や炭水化物に含まれている糖と同じ成分ですから、それを摂ることで体に害はおよびません。

しかし、摂りすぎには注意しなくてはいけません。摂りすぎにより、血糖値が急激に上昇してしまいます。果糖ブドウ糖液は消化吸収が良い状態のため、体への吸収が早いのです。

さらに、料理や甘味料として一般的に使用されているタイプよりも消化吸収スピードがよいため、危険なのです。その上昇を押さえるためにインスリンが分泌されるのですが、これが多く分泌されると脂肪の合成が促進されます。それにより、余分な脂肪が体に蓄積されるのです。

糖尿病にかかるリスクも高めますし、現在血糖値が高い方も注意が必要です。それだけでなく、老化や病気の原因になりうる活性酸素を大量に発生させるのです。

誰でも時々は、ジュースや甘い物が食べたくなります。それには果糖ブドウ糖液糖が加えられている製品も多いです。それらを摂る時は、なるべく空腹時をさけて摂るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ