甘党の方でも、ダイエット中に我慢する必要なし

甘い物を食べると、太ると思われています。必要以上に糖分を摂取すると、それが消費されず脂肪として体に付いてしまうからです。我慢しなくてはいけないと思っても、甘い物はなかなかやめられません。それを食べると、精神的に癒されますし、疲れが和らぎます。

甘党の方にとって、ダイエットは苦痛以外の何物でもありません。大好きな物を食べられなくなってしまうからです。しかしそれでは、ストレスがたまります。我慢ばかりしていると、怖いのがその反動です。ある程度目標を達成したとき、我慢の限界を超えてしまったときに、大量に我慢していたものを食べてしまうことにつながるのです。

それがリバウンドや、ダイエットの失敗する原因なのです。こうした事態を防ぐためにも、ストレスをためないようにすることが大切です。
甘党の方でも、我慢する必要はありません。だからといって、何でも甘い物を食べていいわけではありません。

脂肪として蓄積されにくい物を選べばよいのです。チョコレートを食べると太ると信じられていますが、適切な製品を選べば、むしろダイエット中にすすんで食べても大丈夫です。チョコレートの主成分であるカカオには、ポリフェノールだけでなく、ビタミンやミネラル類も含まれています。

カカオに含まれるポリフェノールには、動脈硬化などに病気にかかりにくくする働きがあるのです。しかも甘味が強いので、少量でも満足感が得られます。チョコレートを選ぶときは、ポリフェノールが豊富に含まれている商品を選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ