浜茶は、現代人に多くみられる目の疲れにも効果がある

浜茶とは、歴史上の人物で有名な弘法大師が飲んでいたことから、別名弘法茶とも呼ばれています。健康に効果の高いお茶として、高い関心が寄せられています。

これを飲むことで得られる効果は、多大にあります。一つが毒素の排出効果です。現代人は、不規則な生活やストレス、偏った食生活などが原因で毒素が排出されず、それにより不調を訴える方が大勢いらっしゃいます。

お茶に含まれるアントラキノン類の成分が、たまっている毒素に働きかけます。強力な利尿作用がありますので、余分な水分と老廃物を尿と一緒に体から出してくれます。さらに腸の働きを高め、大腸内にたまっている便を押し出してくれるのです。

このお茶には、抗酸化作用の高いフラボノールが含まれています。血液の流れが悪くなる、血圧が高くなることで引き起こされる動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクを下げてくれます。体内で活性酸素が増えると、細胞の修復、再生が阻害されて、がんや病気にかかる危険性が高くなります。

その活性酸素の働きを抑えてくれますので、免疫力も高くなります。
さらに、現代人に多い目の疲れの緩和にも働いてくれます。一日中パソコンや、液晶画面を見続ける生活を送っている方が多いため、目は相当疲れています。

目の血流が悪化し、充血を起こしている方も多くみられます。また、矯正視力としてコンタクトを使用されている方も目に酸素が届きにくく、目の疲れをさらに悪化させているのです。浜茶には目の血流を改善し、疲れを緩和させる働きがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ