エッセンシャルオイルとは植物の実などから採取された天然のオイル

エッセンシャルオイルとは、植物の実、葉、皮、根、種、樹皮などから抽出した天然のオイルのことです。日本でも知名度が高まっている、アロマテラピーでも使われています。これは、オイルの特徴によって3つ分けられます。芳香性と揮発性、親油性です。芳香性は、強い香りを持っており、揮発性は空気中に放置しておくと、蒸発します。

親油性は、油に溶けやすく、水に溶けにくいという性質を持っています。
エッセンシャルオイルは、それが持っている特性に応じてさまざまな用途に使えます。目的に応じてそれを使い分けることで、得たい効果が得られます。ダイエット目的で使う場合は、グレープフルーツもおすすめです。

あの香りには高いリラックス作用がありますので、ストレスを受けて緊張している心をいやしてくれます。試験や大きな仕事などを控えていると緊張してしまうことがありますが、そのような時にも効果的です。さらにお肌に塗ると、脂肪の燃焼を助けてくれます。

グレープフルーツに含まれる有効成分が、脂肪の燃焼と分解に働きかけてくれますので、脂肪の固まりであるセルライトのマッサージでもよく用いられているのです。

他にジンジャーオイルも、ダイエット効果を高めてくれるオイルです。生姜は温め効果の高い植物として、有名です。オイルを使ってマッサージをすることで、体全体がぽかぽかと温まり、血行が促進されます。冷え性でお悩みの方は、症状改善が期待できますし、血流がよくなり、脂肪の燃焼効果もアップします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ