乳酸塩粒子とは乳酸を目的によって対応しやすいように変えたもの

疲れを感じる原因は、疲労物質である乳酸が体にたまるからです。これを早く分解することが、疲労回復を早める方法です。そのため私たちの体には存在してほしくない物として認識されている方が多いのですが、実は私たちの体にとって大切な役割を果たしてくれています。

疲労の原因と思われている乳酸ですが、体を動かすエネルギー源として働いているのです。特にそれが良く使われるのは、運動をしているときです。筋肉でそれが使われることによって、エネルギーが作られるのです。私たちが普段よく食べたり、飲んだりしている物の中にも、それが含まれています。

例えばスポーツドリンクにも、それが含まれています。運動により失われてしまった水分を補給するだけでなく、運動で消費されたエネルギーを乳酸から補い、さらにその働きを高めるのに効果的なのです。

それ以外にも、肉、魚、ヨーグルト、漬物など普段私たちがよく口にしている物の中にも含まれています。健康食品やサプリメントにも配合されているのですが、その時は、体への吸収を高めるためなどの目的に合わせて、乳酸塩粒子として配合されているのです。

また、医薬品にも使われているのですが、それは主にカルシウムの吸収を高める目的で、使われています。さらに歯科治療でも、虫歯治療にも用いられているのです。他には、電解質の役割を果たすために、化粧品や食品安定剤にも配合されています。このように乳酸は形を変えて、さまざまな用途で使われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ