糖類の量を制限することで体脂肪を減らすダイエット

糖類は人間のエネルギー源になりますが、余分に取りすぎると脂肪として体についてしまいます。それを制限することで、太ることを防ぐ効果があります。しかしながら、制限しすぎるとエネルギーが不足してしまうため、集中力が低下する、疲れやすくなるなどの日常生活を送るのに支障がでるような症状が出てくるようになります。

不足しないように適度に、補う必要があるのです。
糖類の量を減らしながら、健康的に痩せる方法が話題を集めています。しかもその方法なら、おなかいっぱいに食べても大丈夫なので、ダイエットの食事制限で感じるストレスが少ないのも特徴です。

その方法は、食事で炭水化物、イモ類、パン、麺などの糖質を多く含む食品を、カットするだけです。それ以外の食品は、好きな物を好きなだけ食べてもよいことになっています。この方法で健康的に痩せられる理由は、インスリンの分泌を押さえることができるからです。

糖質をとると血糖値が上昇するため、それを下げようとインスリンというホルモンが分泌されます。これには、血糖値を下げるだけでなく脂肪を蓄える働きがあるのです。その結果、体脂肪が増えてしまいます。糖質を抑えることができれば、インスリンの分泌を防げます。

また、他の食品からエネルギーを生み出せますので、おなかが空いて集中力が低下することもありません。満腹感が得られますので、ストレスが少ないです。食事制限をしていると、食べてはいけない物が多く出てきます。しかしこの方法なら、食べてはいけない物はごく少数ですから、それほど我慢する必要がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ