スウィーツも適切な物を選べば、ダイエット中に食べてもOK

ダイエット中に、甘い物が食べたくなることがある人は多いでしょう。痩せるために食事をいくらか制限しているため、糖質が不足ぎみとなり、体がそれを欲するからです。また、食べたいものを我慢しているストレスがたまり、甘い物が食べたくなります。

しかし、その時に甘い物を食べてしまったら、太ってしまうため我慢を続ける方も少なくはありません。我慢を続けるとストレスがたまり、ちょっとしたことでイライラしやすくなり、我慢していたものをドカ食いしてしまう危険性もあります。食べたいときは、無理せずにスウィーツを食べましょう。ダイエット中に食べても、太りにくい物を選べばいいのです。

スウィーツを食べるなら、洋菓子よりも和菓子を選んでください。洋菓子にはバターや生クリームなどの高脂肪の食品が、たっぷりと使われているので、食べる量は少なくても、カロリーが高くなります。その点、和菓子は、油分が少ないためカロリーが低く、メインの甘味として使われているあんこは大豆から作られているので、ヘルシーです。

大豆は健康効果の高い食品ですし、女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、健康、美容にもおすすめです。
そして、体を温める効果のある、スウィーツを選びましょう。

砂糖は体を冷やす性質がありますから、それにより臓器を冷やし、その働きを低下させます。その影響で代謝が悪くなるので、冷やさないように努めるのがダイエット中の基本です。そこで、体を温める効果のある、生姜、イモ、くるみなどが配合されている甘い物を選びます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ