個人輸入とは私用目的で海外製品を輸入すること

個人輸入とは、私的な使用の目的で、外国の商品や製品を輸入することです。商用目的ではないため、手続きも簡単ですし、免税が受けられます。インターネットで買い物することが当たり前なので、それを利用して買い物をされる方も大勢いるでしょう。

個人輸入のメリットは、日本では販売されていない商品を購入できる点です。利用者が多いのが薬ですが、例えば海外で認可を受けていて、一定の効果がみられることが確認されている薬があります。

しかし、それは日本では未認可であり、国内では販売されていない場合、それを使ってみたい、服用してみたいと考えたときに、海外から直接購入することができるのです。処方箋を貰う必要もなく、薬によっては、医師の処方箋がなければ買えない物がありますが、ほとんどがなしでも購入可能です。

価格もお手頃で、日本でも同じ製品が販売されていることがあるのですが、それを利用したほうが、購入価格が断然安いことがあります。できるだけ安く製品を手に入れたい方には、おすすめでしょう。
ダイエット関連の薬も、個人輸入で多く手に入れられます。

もしも、そこから購入するときは、完全な自己責任になることを覚えておいてください。一般的なお店のサイトからの購入ならトラブル時もお店が対応してくれますが、個人の場合は、それも自分の責任となります。また薬を利用して万が一、副作用やトラブルが出てきたときも自分が責任を負わなくてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ