医薬品とは厚生労働省により認可を受けている薬のこと

医薬品とは、厚生労働省によりそう認められたものです。その認可を受けるためには、効果、副作用、品質や安全性まで詳しく調べた上で承認が得られます。

さらに、医療用と大衆用に大別し、前者は、医師が患者さんの症状に応じて処方箋を出すことで入手でき、後者は、ドラッグストアや薬局で医師の処方箋を持っていなくても、自分の意思で自由に購入できるのです。

ダイエットに関連する薬も多数存在しており、特に医療用として出回っている物は、その効果も非常に高いと言われています。ある有名な薬は、脂肪分が体へ吸収するのを大幅にカットしてくれるでしょう。それが体内で消化吸収されるのを防ぎ、便と一緒に体外に排出してくれるのです。

別の製品は、視床下部に働きかけて食欲を減退させます。食べ過ぎてしまう原因は、満腹中枢が適切に機能していないことも原因で、それに働きかけることで食べる量を自然と減らせるでしょう。これらの薬は効果が非常に高いのですが、肥満状態によっては服用をおすすめされないこともあります。

無理に服用すると、体調を崩す可能性もあるので、必ず医師に相談してから服用してください。大衆薬でも減量効果が期待できる製品が、販売されています。それらは医師の指導がなくても購入できますが、配合成分も様々で種類も多くあるため、商品選びが大変です。薬剤師さんがいらっしゃるので、相談して買うと心強いでしょう。また、インターネットでの口コミも参考になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ