リポ酸は人間の細胞でエネルギーを作り出している

人間の体は60兆個以上の細胞により、成り立っています。その細胞一つ一つに存在する成分のひとつが、リポ酸です。それは細胞内で、エネルギーを作りだす働きを担っています。

リポ酸は、細胞の中にあるミトコンドリア内に存在し、そこで生命活動を維持するために必要な、エネルギーが創り出されているのです。また、ためておくことができないため、絶えず働き、生産し続けています。

体内に存在するのですが、その生成量が、加齢とともに減少していき、その結果、エネルギー生産量が減るため、代謝機能低下につながるのです。若い頃と同じ量を食べているのに、太りやすくなったというのは、その量が減っていることが原因でしょう。

リポ酸をとることで、ダイエットや美容に良い効能をもたらすことができます。また体内で老化を進行させる、活性酸素の働きを抑制してくれるので、老化防止や免疫力アップが期待できるでしょう。糖質の代謝が高まるので太りにくくなり、ブドウ糖が体内に吸収されると、それを熱に変換してくれるため、体に蓄積されにくくなります。

さらに、そのおかげで疲れにくくもなるでしょう。疲労から回復するのに時間がかかるようになったのは、体力が落ちたからではありません。脂肪や糖分を熱として、体に変換する量が減ったことも要因なのです。

配合されたサプリメントや健康食品がありますので、それを摂取してください。体への吸収を高めるために、空腹時の食前30分ほど前を目安に飲みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ