ボディビルダーはあの体を維持するために食べ物に気を使っている

ボディビルダーとは、ボディビルを競う方々を指します。筋肉をトレーニングや食事により発達させ、そしてその結果、ついた筋肉の美しさなどを競うのです。
脂肪は筋肉によって燃えますので、その量が多ければ多いほど、代謝がよく痩せやすい体だと言えるでしょう。

そのため、ボディビルダーの方は好きな物を食べたいだけ食べても、太らないと勘違いされている方も、少なくはありません。しかし、あの体は厳しいトレーニングだけではなく、食べ物によって作られており、私たち以上に、食事内容に気を使って生活しているのです。

ボディビルダーは、食べる物から、摂取カロリーまできちんと考えた上で食事をとっています。摂取するカロリーが多ければ、当然それが脂肪として蓄積されてしまいますから、それをトレーニングで消費するためには、相当の運動量が必要となるでしょう。

そこで、食べ物のカロリーを計算して、摂取をコントロールすることで、体重を維持しているのです。揚げ物、洋菓子、スナック菓子、ラーメンなどは極力制限しています。
筋肉をつけるために、たんぱく質が必要ですが、それを何から摂るのかも決めているのです。

鶏のささみや、青魚、納豆、豆腐、プロテイン飲料など、低脂肪で高たんぱくの食品を選んでいて、体のエネルギーとなる炭水化物も、GI値を考慮してとっています。糖質の吸収が穏やかな玄米やオートミールなどを選び、血糖値が急上昇しないように気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ