貧血は、血液中の酸素を運ぶヘモグロビン量が減ることが原因

女性は男性と比較して、貧血気味の方が多いです。それは女性には、毎月生理があるからで、毎月一定量のそれがでていくため、その不足が起こりやすくなり、貧血症状が出てきます。自分自身にその自覚症状がなくても、検査してみるとその可能性が高いと診断されることがあるでしょう。

女性全体の半数近くが、その症状を抱えていると言うデータもあります。
貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が不足することです。ヘモグロビンは、血液とともに酸素を体中に供給するという役割を果たしているのですが、それが不足することで、体内の酸素量が低下して、症状として出てきます。

実は、それ治すことこそ、美容やダイエットを成功させる秘訣となるのです。
酸素の供給が不十分だと、体が疲れやすくなるでしょう。ダイエットや健康のためと、頑張って運動を始めても、疲れると長く続けることが困難になります。

脂肪を燃やすためには、有酸素運動が適しているのですが、それを20分以上続けることで効果が得られるのです。その前に体が疲れてしまえば、運動が継続できず、十分な脂肪の燃焼が望めなくなってしまいます。

疲れがたまると、甘い物を食べたくなります。甘い物に含まれる糖分は、体への吸収が良いため、疲労回復には適しています。しかしダイエットのためには、量を控えるようにしなくてはいけません。運動をしても、たいした効果が得られず、加えて甘い物を食べるようになっては、思うように体重を落とすことが難しくなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ