七味唐辛子に含まれるカプサイシンには脂肪燃焼効果がある

韓国料理でよく使われる唐辛子には、ダイエット効果があることで話題を集めました。日本にも七味唐辛子があり、料理の味付けとして使われています。余分な脂肪を落とす働きを持っているのは、カプサイシンという成分で、それが体内で、脂肪を燃やしてくれるため、運動した場合と同じような効果が得られるのです。

通常脂肪とは、筋肉で燃やされるはずなのですが、それを食べただけでも燃えるそのメカニズムは、脂肪を分解するホルモンが分泌されるようになるからです。さらに、体を温める効果に優れているので、冷え性の改善にも役立ちます。

また最近では、薄毛に一定の効能がみられることもわかっていて、一緒、大豆イソフラボンを摂取することで、育毛効果が得られるでしょう。薄毛で悩むのは男性だけでなく、女性にも増えていますので、ダイエットや美容のためとると、効果的です。

七味唐辛子を使ってダイエットをする方法は、食事の時にそれを振りかけるだけです。そのおかげで、食べたものが燃焼されやすくなります。さらにその働きを高めるためには、運動をする前にとるのが一番で、カプサイシンの働きで、脂肪が落ちやすい状態にしておいて、さらに運動によりそれを促進するのです。

入浴前にとることで、発汗作用を高められます。汗をかくと、老廃物を外に出す作用が高められますので、余分な肉が蓄積されにくくなるでしょう。ただし、辛い物が苦手な方もいらっしゃいますから、そのときは、サプリメントで摂取するのがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ