隈笹は葉緑素、アミノ酸、隈笹多糖体を含む健康植物

隈笹とは笹の一種で、動物の熊がエサとしてよく食べている植物です。それには、人間にも体調を整える効果をもたらしてくれる成分が含まれています。緑色の植物に含まれている葉緑素が、全体の8割ほどを占めており、葉緑素は植物が生きるための光合成を行う場所ですが、人間が摂取すると血液をサラサラにしてくれます。

不規則な生活や、乱れた食生活で血液の粘性が高くなっている方が、現代人には多いでしょう。その流れをサラサラにすることが、病気にかかりにくい体作りと、代謝機能を高め太りにくい体作りに役立ちます。

胃腸機能の回復にも、葉緑素は働きかけてくれるでしょう。人間はたんぱく質により作られていて、その元となるのがアミノ酸です。それをとることで、アミノ酸を十分補給することができるのです。

そこで、注目するべき成分が、隈笹多糖体です。人間の体は、約60兆以上の膨大な数の細胞によって作られていて、そして各細胞の外側にあるものを多糖体と呼び、細胞を外敵やダメージから守るための、非常に大切な役割を担っています。

これが弱まる、少なくなってしまうことで、細胞がダメージ受けてしまい、その影響で免疫力が低下し、老化が進むのです。隈笹多糖体は人間の持っているものと、似通った構造を持っているため、体に吸収されやすい性質を持っており、ダメージを受けたそれを修復してくれます。

その有効成分を摂取するには、販売されている健康食品から摂るのがおすすめです。植物自体は簡単に手に入りますが、非常に硬いので、食用として食べるのは難しいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ