褐色細胞を活性化させることで効率よく脂肪を燃やす

同じ量を食べているのに、太りにくい人、逆に太りやすい人がいます。その原因は、エネルギーを生み出す働きを持っている褐色細胞の量が、影響していると考えられます。つまり、無駄なお肉を落とすためには、これを効率よく働かせることがポイントです。

それを増やす、もしくは活性化する方法は、代謝機能を高くすることです。例えば、温冷効果を利用することで、働きを活性化させられるでしょう。高温のサウナに入った後に、水風呂につかり、そして再度サウナに入り、また水で体を冷やすという行為を繰り返すのです。

温まった体が急に冷やされることで、褐色細胞が活性化されて、水で冷えた体を温めようとエネルギーを燃やしはじめます。
この方法はダイエットだけでなく、アンチエイジングにも使えます。体に熱を与えると、ヒートショックプロテインという天然のハリ潤い成分が、分泌されるようになります。

それがさらに、脂肪を燃焼させるのを助けてくれるのです。
まず、肩甲骨を集中的に動かします。褐色細胞が存在するのは、体の限られた部分だけで、それは肩甲骨や心臓、後頭部などごく一部の場所にしかありませんので、そこを集中して動かすことで、その働きを高めるのです。

肩甲骨を回すストレッチ、首回しなどを行うと効果的です。また慢性的に肩こりを抱えている方が非常に多いですが、それが細胞の働きを弱める原因となりますので、普段から肩こり対策を行っておくだけでも、痩せやすい体質作りを助けてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ