胃壁は胃の内部にある壁でそこから胃液が分泌される

私たちが何かを食べると、まずそれを消化してくれる臓器が胃で、口から入ってきた飲食物が、食道を通ってそこに到達します。その内部は、胃壁で囲まれており、そこから胃液が分泌されて消化活動が行われているのです。

胃は袋のように、ある程度伸び縮みすることができ、空腹時にはしぼんだ状態ですが、食べ物や飲み物を1.5~2リットル程度までためこめるほどまで、膨らみます。
胃は消化活動を行うための、大切な役割を果たしてくれます。しかしながら、外部からのダメージを非常に受けやすいため、普段からいたわるように努めなくてはいけません。

胃が健康であるからこそ、私たちはおいしく食べ物を食べることができます。また消化活動が適切に行われなければ、健康を維持することも難しくなってしまうのです。
胃を働かせ過ぎないように、いたわってあげましょう。

常におなかいっぱいに食べてしまっている方は、注意が必要で、肥満の原因となるだけでなく、多大な負担が臓器にかかってしまっているからです。消化活動のためには酵素が欠かせないのですが、常に食べ物がある状態が続くと、必要な酵素の量が大きく減少してしまいます。

そこで足りなくなった分を、本当は代謝に使う分から回してもらうのです。その結果、代謝が鈍化しますので、太りやすくなります。食べすぎに注意し、常に腹八分目に留めておきましょう。胃をいたわることは、健康を維持するのに有効というだけでなく、痩せやすい体を作るためにも欠かせないことなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ