夜キャベツダイエットとは、夕食前にキャベツを食べるだけ

一時期話題を集めたダイエット方法の一つに、キャベツダイエットがあります。それを実行し、本当に体重減少をすることができた方もいらっしゃるでしょう。昔、リンゴやゆで卵など、単品を食べるダイエット方法が流行しましたが、これは単品だけを食べるのではなく、他の物も食べてもいいのです。

キャベツを食べて体重を落とすなら、夜に食べる夜キャベツダイエットがおすすめです。夜は、これから体を休める時間帯で、体の代謝も最も鈍っている時間帯ですから、その時に、カロリーが多い物を食べてしまうと、脂肪として体に蓄積されやすくなります。

しかし、キャベツで空腹をある程度満たしてあげることで、食べ過ぎなくて済むでしょう。また、生のキャベツは、食感がしっかりとしていて、かみごたえがあります。よくかんで食べますので、あごとほほの筋肉を鍛えることもでき、フェイスラインのたるみが解消できるのです。

一緒に酵素もとれるので、その後に食べる物の消化吸収を助けてくれます。生野菜には天然の酵素がたっぷりと含まれており、それを最初に食べることで、その後の食べ物の消化が良くなるのです。

夜キャベツダイエットのやり方は、全体の6分の1を夕食前に摂るだけですが、お腹が空いているからと言って、早食いしてはいけません。満腹感を得るためには、唾液の分泌を促すことが有効で、そのためには、一口一口よくかんで食べるようにしてください。その後に、通常通りのメニューを食べるだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ