フェイスラインが崩れる原因は脂肪とむくみと、筋肉の衰え

フェイスラインとは、あごから額の髪の毛の生え際まで、顔の輪郭の部分のことを指します。そのラインが崩れてしまうと、周りに与える印象がだいぶ変わってきてしまうのです。それが引き締まっていると、若々しく、活動的な印象を受けますが、だらりとしていると太って見え、さらに老けた印象を与えます。

フェイスラインが崩れてしまう原因は、いくつか考えられます。一つは体重が増えて、余分な脂肪が顔にもついてしまったためです。体に余分な脂肪が増えてくると、それが顔も含めて全身につくようになります。

顔の肉の付き方にも、個人差があり、太るとすぐにほほやあごに脂肪が付く人もいれば、体に反比例して顔は痩せている方もいらっしゃいます。
むくみもラインを崩す原因で、むくみが起こるのは、水分が排出されずに体や顔に残ってしまうからです。

人間のあごの部分には、老廃物や水分を出すリンパ管が集中しているので、その流れが滞るとあごの部分だけが、よけいにたるんで見えるようになってしまうでしょう。
また、表情筋が衰えることも、要因です。人間の体には全身に筋肉が張り巡らされているのですが、顔の筋肉も鍛えなければ衰えます。

柔らかい物ばかり食べている、よく噛まないで食べていると、筋力が衰えてきて、だんだんとほほの肉が下に落ちてきてしまうでしょう。フェイスラインをすっきりとさせる方法は、ダイエットして、脂肪の量を減らすこと、そして表情筋を鍛えるエクササイズを実践することです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ