筋トレを実践すると引き締め作用が高いため理想の体型になれる

ほぼ同じ背丈、体重なのに、太って見える人とそうでない人がいますが、その違いは、ついている脂肪の量と関係してします。脂肪は筋肉よりも軽いという特性があるため、同じ体重でも筋肉が多い方のほうが、体型が締まって見えるのです。

痩せたいのであれば、体重を落とす事も大切ですが、シルエットを引き締めることに重点を置くと理想的な体型を手に入れられるでしょう。引き締め作用を高める方法は、筋トレを実践することです。筋トレといってもそれほど難しく考えることはなく、運動時間と頻度を多くするだけでも立派なトレーニングになります。

まず生活習慣から見直すことから始め、普段体を使う機会が少ないと感じられる方は、意識的に多くするように努めてみましょう。車で動く機会が多い方は、できるだけ、自転車や徒歩に変えてみてください。またどうしても車に乗ることになったときでも、座席の角度を、できるだけ水平に保ち、背筋を伸ばすように努めます。

これだけでも背筋と、腹筋が鍛えられるでしょう。
そして、できるだけ階段を使いましょう。オフィスや駅、ショッピングセンターなどでついエスカレーターやエレベーターを使っていることが多くなってしまうものです。

それを階段で動くように変えるだけでも、足腰が鍛えられます。だんだんと体を動かす機会が増えてきたら、部分的に引き締め作用を出したい箇所に的を絞り、それに効果的なトレーニングを探して、実践するのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ