難消化性多糖類とは食物繊維の一種で、腸で発酵される

糖質には、その構成要素によって、単糖、二糖、多糖と種類を分けられます。そして、その構成要素の数が多ければ多いほどに、消化吸収までに時間がかかります。血糖値の急上昇を押さえるためには、いくつもの種類で構成されているタイプを選ぶのがおすすめです。

そして多くの種類で構成されているタイプも、消化性と、難消化性とに分けられ、前者は体内で消化吸収されるデンプンやグリコーゲンで、後者は、食物繊維の一種です。食物繊維といえば、腸内環境を整えて、便秘解消にも役立つ栄養素ですが、それ自体はエネルギー源にはならないために、長年栄養素の一種としてみなされてはいませんでした。

ところが、それが腸内で発酵されて、善玉菌を作り出す元となることがわかり、次第に必要な栄養素として認められるようになったのです。
食物繊維は、基本的には腸内で消化吸収されません。

しかし、細菌の働きによって発酵されることで、善玉菌を増やします。またその段階でガスが発生するのですが、それがおならとして体外に出されます。また発酵段階で発生した食物繊維の一部は、体に吸収されてエネルギー源として活用されることも、わかっています。

難消化性多糖類を多く含んでいるのは、海藻類でしょう。これらには食物繊維も豊富ですし、ビタミンやミネラルも多量に含まれているので、美容や健康維持のためにもおすすめしたい食品です。またカロリーもほとんどありませんので、ダイエットにも適しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ