水溶性食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしてくれる

便秘は、ダイエットの大敵で、不要な便が腸内に留まっていることで、代謝機能を衰えさせてしまいます。普段から、健康維持のためにも食物繊維を、たっぷりととるように心がけたいものです。食物繊維には水に溶けるものと溶けないものとの2つのタイプがあるので、それぞれの特徴と、多く含まられる食品について理解しておくと、役立ちます。

不溶性のタイプは、それが水分を吸収することで胃腸の中で大きく膨らむ特徴を持っており、少量でも、満腹感が得られるので、食べすぎを防止するのに最適です。腸で膨らんだそれは、腸を刺激して、便通を促してくれるでしょう。

不溶性タイプを多く含んでいるのは、ごぼうをはじめとする野菜、穀類や豆類です。
水溶性のタイプは、水に溶けることで、粘性が高くなります。胃から腸まで到達するのに、時間を多く要するようになり、これを含む食品を取ると、消化まで時間がかかるようになるため、血糖値の上昇を緩やかに抑えることができるのです。

糖の吸収自体を抑えてくれますので、ダイエットや糖尿病予防のためにも、積極的に取りたい食物繊維です。血中のコレステロールに吸着し、それを体外へ排出してくれるので、健康維持のためにも有効でしょう。

腸に到達すると、そこで発酵されて、善玉菌を増やしてくれます。それらを多く含んでいるのは、こんにゃく、なっとう、アボガト、にんにくなどです。オススメの摂り方は、ご飯を白米から玄米に変えて食べる、納豆やみそ汁を毎日食べることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ