加水分解を体の中で起こすことで余分な脂肪を燃焼させる

加水分解とは、読んで字のごとく、水と反応して分子が小さくなることを意味します。これは私たちの体の中で、起こっている現象で、運動により筋肉が使われると、これが起こり、エネルギーが作られるのです。そしてこれが起こるためには、ATPという物質が必要になります。

ATPは体内でも作ることができるのですが、運動量が増えて筋肉を動かし続けるためには、量が足りません。そこで食べ物から、補います。糖質と脂質とたんぱく質がそろって始めて、ATPが作られるのです。

健康的に痩せるためには、加水分解を起こすことです。そのおかげで、体にたまっている余分な脂肪分を徐々に減らしていくことができます。筋肉を働かせるためには有酸素運動が適していて、長時間それを動かし続けることで、その働きが活発になり、脂肪が燃焼を始めます。

ダイエットの方法で、食事制限を行う方法があります。中には、一部の食事を極端にカットする手法もあるのですが、健康的に減量したいと願うなら、その方法はあまりおすすめできません。栄養分が不足することで、代謝機能に影響が出てしまうからです。

余分なぜい肉をすっきりとさせるためには、加水分解を体の中で生じさせることです。そのために必要な栄養素を、きちんと食事から摂取しておかないと、燃焼効果が十分に発揮できません。そのような状態で、運動を続けたとしても、代謝機能が劣ってしまい、ぜい肉が落ちにくくなってしまうでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ