ダイエット中でも種類を選べばお酒を飲んでも太らない

ダイエット中には、お酒を控えるようにすすめられます。その理由はそれ自体のカロリーが高いこと、おつまみとして出されるものもまたカロリーが高いため、太りやすくなるからです。

太るのは避けたいですが、時々はお酒を飲みたいと思う時が出てくるでしょう。ストレスがたまっているとき、みんなで楽しくワイワイ飲むことで、気分がすっきりとすることがあります。あまり我慢しすぎてしまうと、その反動で食べすぎ、飲み過ぎてしまう可能性が考えられるので、飲みたいときは、あまり我慢せずに、少量でも飲むことがおすすめです。

太らないようにするためには、種類を選びが重要で、お酒の種類によっては、糖分がたっぷりと含まれています。まず甘い味付けのカクテル類、ビールは避けましょう。お店によっては、糖質やカロリーが抑えてあるビールが置いてあることがあるので、聞いてみるといいかもしれません。

どうしてもビールが飲みたいときは、1杯に留めておきます。ワインやスパークリングワインも、種類によっては糖分が高めです。甘口よりも、辛口タイプを選び、糖分が少ない種類は、焼酎、ブランデー、ウイスキーで、これを水か炭酸で割るのが、おすすめです。

飲酒時のおつまみは、塩分も多く、そして脂っぽい物が多く見られますから、太りにくいおつまみを、選びましょう。おすすめは天然の酵素がたっぷりと含まれている、お刺身やサラダです。また、ナッツ類も、ビタミンEが豊富に含まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ