腕立て伏せは基本をマスターすれば体幹も鍛えられる

腕立て伏せはダイエットや、筋力トレーニングのために気軽にできる運動です。腹筋と組み合わせて行う方も非常に多いのですが、それだけでダイエットに効果は得られるのでしょうか。それは、ウォーキングなどの長い時間かけて行う有酸素運動ではありません。

そのため、体全体についている余分なお肉を、落とすのは難しいでしょう。部分的に筋力を鍛えることを目的としているため、それにより鍛えられるのは、二の腕の部分と、胸の筋肉です。そのおかげで、たるみが起こりやすい二の腕部分を引き締めることができ、バストアップも期待できます。

鍛えたい部位によって、実践方法が異なり、腕のたるみを何とかしたい方は、腕をちょうど肩と同じ幅に広げて行ってください。バストアップを期待する方は、肩に対して腕を少し広めにして、行うと胸の部分を強化できます。

まずは、基本姿勢をマスターしましょう。腕立て伏せは部分的にしか鍛える効果がないと思っている方が多いですが、きちんとした動作をすることで体の軸である体幹を、鍛えるエクササイズとなります。両手をついたら、体を一直線に伸ばします。足の爪の先を、きちんと床につけることで下半身を安定させるのがコツです。

体はおなかやお尻が飛び出てこないように、まっすぐな状態を保ったまま、運動を続けます。まっすぐな姿勢を保とうとすると、自然と腹筋と背筋も強化されるようになり、体のコアとなる部分も鍛えられるので、続けて行うことで代謝もよくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ