キャベツダイエットを提唱したことで有名な吉田 俊秀医師

簗瀬 正伸さんのキャベツによるダイエット本が今話題ですが、そもそもキャベツダイエットの提唱者は、医師である吉田 俊秀さんという方です。しかもテレビの番組などで、吉田 俊秀医師が提唱するキャベツダイエットが紹介をされたこともあって、今では芸能人を始めとして、お茶の間の多くの方々においても知るところとなっています。

ところで、吉田 俊秀医師が提唱するダイエット方法を要訳すると、生のキャベツをゆっくりと噛みながら、決して早食いをしないというのがポイントです。

確かに早食いをした場合には、実際に胃の中に入った食べ物の量と、脳の満腹中枢へ伝達される満腹感とでは、タイムラグの問題が発生するということは、ダイエットを行う上においては基本とも言えることでもあります。

やはり脳へ満腹感が伝達されるのと同じ時間帯に、胃に食べ物が送られた方がより理想的な食べ方であるということになるのです。
その他にもゆっくりと何度も噛んで食べた方が、血糖値が急上昇しないので、インスリンを分泌する膵臓への負担も軽減されるでしょう。

また、胃や腸の消化吸収作用の面においても、負担が軽減されるということにもなります。以上のようなことからダイエットに用いる野菜は、キャベツに限定しなくてもよいという答えが導き出されます。しかも、一つの野菜だけを食べるというよりも、たくさんの野菜を食べた方が、摂取する栄養成分も万遍なく摂取することが可能になるとも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ