加齢と同時にダイエットなどでやせても目立つのが豊齢線

加齢と共に目立つようになる豊齢線は、男性であればそう気にもならいのですが、女性ともなるとそうはいきません。毎朝起きると歯磨きや顔を洗うことをさておいて、真っ先に鏡とにらめっこをするという女性も中にはおられます。一般には、年をとると顔に出来るシワと勘違いをしている方も大勢いるのではないでしょうか。

ところが実際には、シワではないと言われているのです。その上、おでこなどに出来るシワも豊齢線と勘違いをしているという方もいるのですが、本当はシワではなくて口とほほとの境界線の部分にある斜めになった谷間部分のことを言うのです。ちなみに医学的専門用語では、鼻唇溝(びしんこう)と呼んでいます。

その原因については、やはり加齢が大きな影響を与えていると言われています。例えば人間の皮膚というものは、太陽の紫外線を長い年月に渡って浴びたり、加齢と共にコラーゲンなどの保湿成分が減少すると、どうしても皮膚の弾力やハリなどが衰えてしまいます。

そうした皮膚の弾力低下が大きな原因でもあるとされているのです。
その他にも急激なダイエットを行った場合においても、今まで気にならなかった豊齢線が目立つようになるケースもあります。

つまりは皮膚には伸縮性があるので、今まで皮下脂肪で伸びた状態になっていた皮膚が、ダイエットをすることによって皮下脂肪が減少して縮んでしまった結果、たるんだ状態になるというのです。もちろんそうした場合には、日数が経過すると共に皮膚も自然な形で元どおりのもなるので、さほど心配を要することでもないと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ