ペクチン質とはゼリーやジャム、柑橘類に多く含まれている成分

ペクチン質とは、ペクチンにより構成され、ジャムやゼリーのとろみを出している成分であり、りんごや柑橘系の果物にも含まれています。ジャムやゼリーと聞くと、甘いのでダイエット中には避けたほうがよいと考えがちですが、むしろ減量中のおやつとして適していると言えます。

それは、ペクチンには食物繊維が豊富に含まれているからです。それが含まれている食品を食べることで、胃の中で水分を含み大きく膨らみます。そのため、少量でも空腹を満たすことができることと、消化吸収のスピードが緩やかになり、血糖値の急上昇を防ぐことができるのです。

デトックス効果も促し、腸に溜まっている便や不要物を食物繊維がきれいに掃除してくれるでしょう。血中のコレステロール値を低下させる作用も持っています。血中に溜まったコレステロールは血液の流れをドロドロにし、血栓が作りやすい状況を作ってしまいます。

それを分解し、血液の流れをサラサラに変えて、病気にかかるリスクを下げることが可能です。さらには血流アップにより、冷え性や代謝機能が改善されるでしょう。ペクチン質を多く含む食品は、ゼラチンや柑橘類です。それらを買って食べてもよいのですが、自分で作るのもよいでしょう。

自分で作れば甘さも調整でき、未精製の砂糖や蜂蜜を代わりに使うことで、健康や美容への効果が高くなります。また柑橘系の果物にそれは多く含まれますが、皮の部分に最も多く存在するので、その恩恵を最大限受けるためには、皮まで使ったジャムやゼリーを作って食べるのが効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ