速筋は瞬間的に大きなエネルギーを生み出すときの筋肉

筋肉の構造を見てみると、いくつもの筋が重なってそれが構成されているというのがわかります。その中に筋繊維という繊維があり、その遷移をを鍛えることで筋肉が発達する仕組みで、またそれが動くことで、パワーが生み出されるのです。その繊維には、速筋と遅筋の二種類があります。

アスリートはそれを鍛えることで、自分の身体能力を高めています。一般の方でもダイエットや健康維持のために、筋力を鍛えようと努力されている方が多く見られるでしょう。前者は、短時間で大きなエネルギーを生み出す時に使われます。

ウェイトリフティングのように、重量の重い物を瞬時に持ち上げる、短い距離を全速力で駆け抜ける短距離などの運動時に、それが活躍するのです。この運動を得意とする人は、速筋が発達していると考えられます。そしてそれを鍛えるトレーニングを実行することで、さらにそれを強化しているのです。

そこを鍛えるためには、非常に大きな負荷をかけるトレーニングをすることが必要でしょう。日常生活を送る分では、あまり使うことがないため、定期的に鍛えない限りは、発達しません。

日常生活でよく使われるのが、遅筋です。瞬間的に大きなパワーを生み出す方が、エネルギーの消費量が大きいように感じますが、実は逆です。結局は短時間しか筋力が使われないために、脂肪や糖分の消費量はごくわずかなのです。

それよりも長い時間をかけて体を動かした方が、脂肪の燃焼効果を高めることができるのです。痩せるためには、遅筋を発達させるのが鍵と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ