月桂樹の葉は、臓器の働きを活発にしてくれる

料理の香りづけのために、ハーブや香草を入れることがあります。月桂樹も、日本ではよく使われる香草の一つで、その原産地は、地中海でクスノキ科の植物です。競技種目の勝者に、この葉っぱで作られた冠が授与されるのは非常に有名でしょう。

月桂樹には香りだけではなく、その他の効果効能を持っています。消化器系の臓器に働きかけ、その活動を活発にしてくれるのです。香りを嗅ぐだけでなく、食べることで食欲が刺激され、唾液が多く分泌されるようになるでしょう。疲れや熱さにより食欲が落ちているときの料理に、最適です。肝臓や腎臓の働きも、活性化してくれます。

発汗作用に優れているので、風邪を引いた時に摂ると、喉の炎症を抑えて、汗をかき体にこもった熱を下げてくれるでしょう。美容や健康のために、この特徴を利用して、月桂樹を入れたお風呂に入ると効果的です。

発汗作用が促されるので、体に溜まっている老廃物が排出されます。血液の流れもよくなるので、肩こりや腰痛でお悩みの方にも適しているでしょう。また、美しい髪を作るためにも働いてくれ、健康な髪の毛が育つ環境と整えてくれるので、ヘアローションとしてそれのアロマオイルなどを使用すると、効果的です。

日本でそれは乾燥した状態で、料理用として販売されているか、アロマオイルとして購入することができます。その葉っぱを料理にして食べることもでき、細かく刻んでお茶にして飲むことも可能です。アロマオイルとして使用するときは、肌への刺激が強いので、十分に薄めて使うようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ