急激な体重減少が原因となって法令線ができる

顔に現れる法令線は、老化現象の一つです。小鼻の横から、口角の部分にできる線は、それだけで老けた印象を周りに与えてしまいます。子どもが、おじいちゃん、おばあちゃんの絵をかく時に、高い確率でこの線を書き入れるでしょう。それによって、年老いた雰囲気を出すことができるからです。

法令線ができてしまう原因は、老化だけではありません。ダイエットが原因でできる場合もあり、痩せることで、顔の余分な脂肪が落ちたのはいいものの、それが肌のたるみを引き起こしてしまいます。今までそれができなかったのはお肌にハリがあったためで、余分な肉が落ちたことで、一気に皮膚がたるんでしまったのです。

顔の余分な肉を落としたいけれど、法令線ができることは避けたい場合は、情筋を鍛えましょう。顔にも体と同様に、筋肉が張り巡らされています。その筋肉も、使わなければ衰えてしまうのです。

それが発達していると、顔の肉を引き締めてくれるので、たるみが起こりにくくなります。表情筋を鍛えておくことで、余分な脂肪が落ちても、それが重力に負けることを防いでくれるでしょう。エクササイズにより、鍛えることができます。インターネットや書籍でも多く紹介されているので、試してみましょう。

短期間で体重を一気に落としてはいけません。急にぜい肉が落ちてしまうと、皮膚がその変化についていけず、緩んでしまうからです。無理せず、長期目標でダイエットを行うのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ