美容や健康に良いpH値の高い食品の摂りすぎに注意

pH(ペーハー)とは、水溶性の性質をあらわすための、単位です。学校の理科の実験で、酸性やアルカリ性を調べるために、リトマス試験紙を使った実験をしたことがあるはずです。pHは単に性質だけでなく、その程度までを詳しく数値にして表現するときに使われるのです。

健康や美容のために、食品や飲み物を選んで食べることがあります。酸っぱい物には、疲労回復効果が高く、美肌やダイエットにも効能があります。例えば果物、お酢、ワイン、これらは健康や美容に良い食品として有名です。しかしながら、これらを取りすぎることで、歯の健康が損なわれてしまうことも覚えておきましょう。

強い酸性の飲食物(pH値が高い)には、エナメル質を溶かすほどの強力な力を持っています。ある実験において、オレンジジュースに抜いた歯を入れておいただけで、その表面に爪でも簡単に傷がつくようになるほど、もろくなってしまったという結果が出ています。

健康や美容のために摂った物が原因で、歯の健康が損なわれてしまっては、意味がありません。普段から酸性の飲食物を多く取る傾向が高い方は、生活習慣に気を付けるだけで歯が溶け出すのを防ぐことができます。

歯磨きのタイミングを見計らい、それらの飲食物を取ったすぐ後に、歯磨きをしてしまうと、ちょっと力を入れただけでも歯が削れやすくなってしまいます。またブラシの固さもやわらかいタイプを選ぶのが、おすすめです。また、リカルデントガムなどを噛む習慣をつけると、柔らかくなった部分に、カルシウムを補給してくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ