内臓諸器官のバランスが崩れると太りやすい体質になる

私達の体は、内臓諸器官が適切に働くことにより、健康が維持されています。呼吸をすると、体内に酸素を取り込み、それを血液で体の隅々まで送り届けてくれるのが肺です。血液の毒素をきれいにし、代謝機能を高める働きをする肝臓など、すべての臓器がそれぞれ自分の役割を果たし、助け合うことで体の健康バランスを保っているのです。

内臓諸器官の一つでも、その働きが弱ることでそのバランスが崩れ、何かしら健康被害が見られるようになります。例え、健康診断等で病気と診断されるような数値が、結果として出てこなくても、ちょっとした体の不調となって出てくるのです。内臓機能が弱ることで、代謝も鈍り、太りやすい体質になります。

普段から健康を維持するためには、内臓に負担をかけないような生活を送るのが望ましいのです。内臓の働きをコントロールする自律神経を整えることも、健康維持のために試してみるとよいでしょう。自律神経は、内臓だけでなく全身にある器官をコントロールするという、非常に大切な働きを担っています。

ところが、過度のストレス、不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどで、その機能が乱れてしまっている方が非常に多く見られます。
それを整える方法は、ストレスを適宜解消することです。

ストレス社会と言われているほど、誰もが強くそれを受けています。スポーツ、趣味に没頭し、自分の好きなことをする時間を作りましょう。それにより緊張した神経が解きほぐされて、自律神経のバランスが次第に整っていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ