.遅筋を有酸素運動で鍛えることにより健康的に痩せる

筋肉は、脂肪を燃やすために必要だということは、ダイエットの常識です。脂肪は体がエネルギーを必要とするときに、酵素の働きにより分解されます。それが筋肉に届くことで、エネルギーとして燃やされるのです。

筋肉の構造や仕組みを知ると、脂肪の燃焼についてより詳しく理解することができるでしょう。それは速筋と遅筋との、二種類によって構成されています。前者は、瞬間的に大きな力を必要とするときに使われる筋肉です。例えば水たまりをジャンプする、全速力で駆け抜けるときなど、短い時間で素早く動く時に働いてくれます。

アスリートでもない限りは、これを使う機会は日常生活ではそれほど多くはありません。この筋肉を鍛える方法は、ジムなどで行うことができるウエイトトレーニングが有効で、高い負荷をかけることで、鍛えられるでしょう。

後者は、瞬間的ではなく長時間体を動かすときに、働いてくれます。例えば長い時間歩く、走る、泳ぐときに使われ、普段体を動かす時にも、主にこちらが使われているのです。それを鍛える方法は、有酸素運動が適しています。運動しながら、無駄なぜい肉を落とすためには、遅筋を鍛えることが必要です。

それは前者の場合は、瞬間的にしかエネルギーを使わないため、消費するエネルギーの量も、実はそれほど多くはないからです。後者は、長時間にわたって使用するため、エネルギーの消費量も増えていきます。その結果、余分なぜい肉が落ち、健康的に痩せることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ