水泳がダイエットに効果的な理由は消費カロリーが多いから

ダイエットのためには運動がいいというのはわかっているものの、なかなか続けられる運動を探すのは難しいかもしれません。もともと体を動かすことが好きでない方、苦手な方にも続けられる方法として、水泳もおすすめです。

競技で活躍している水泳選手やシンクロ選手を見てみると、無駄な脂肪が全くないほど引き締まった体を持っています。特にシンクロの選手に限っては、沢山食べてもそれでも痩せてしまうほど、消費カロリーが大きいということは有名な話です。水の中での動きはそれだけカロリーを多く消費するため、ダイエットには適していると言えます。

脂肪燃焼に効果的な運動といえば、ウォーキングです。これを1時間実行したところで、消費されるのは120~150kcal程度でしかありません。同じ時間を、平泳ぎで泳いだ場合はその4倍、クロールに関しては10倍以上のエネルギーを消費するのです。

水泳が、カロリー消費効果が高くなるのは、水圧が影響しているためです。水に入ることで、体が水の抵抗を受けます。それにより、血液の流れがよくなって代謝機能が促進されるのです。

そのため少し動いただけでも、筋肉に大きな負荷がかかるので、エネルギーが沢山消費されるでしょう。インナーマッスルを鍛えることもでき、普段動かすことの少ない、体の内部の筋肉を鍛えられるので、燃えにくい部分の脂肪から燃焼させていくことができます。

また、体にかかる負担が少ないため、続けやすいでしょう。水の中に入ると浮力のお蔭で体が軽くなるので、筋肉や関節にかかる負担を減らすことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ