過食は過度のストレスを食べることで紛らわすことが原因

過食とは、食べすぎることを意味します。食べ過ぎれば当然、必要カロリー以上にエネルギーを摂取するので、太ってしまうでしょう。それが一過性のものならそれほど心配いりませんが、継続して起こると病気の可能性が疑われます。ただの食べすぎは、その時美味しい物、食べたいものが沢山あって、つい無理をして食べてしまうことです。

ところが精神的に参っている状態で、食べすぎを繰り返すなら、過食症という病気かもしれません。
その原因はストレスです。人間関係や家族の問題など、現代人は多大なストレスに囲まれて生きています。

また細くなりたいと言う願望が強すぎて、食べたら太るという強迫観念が生まれるようになり、ストレスを感じます。それを食べることで、発散しているのです。一度医師に診てもらう必要があるのは、極端に太ってしまった場合と、極端に痩せてしまった場合です。

急激な体重増加は体に負担となり、また極端に痩せるのは、大量に食べた後それを全て吐いてしまい、痩せていくのです。過食を防ぐためには、どうすればよいのでしょうか。一つはストレスを上手く解消する方法を見つけることです。

それは自分の好きな事、楽しいと思うことを行えば解消できるでしょう。食べること以外の楽しみが見つかれば、自然と食べる量が減っていきます。また、食べ物を周りに置かない、食品が売っているお店に行かないようにしましょう。目につくと食べたくなってしまうことを防ぐためです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ