隠れ肥満は、ウエストヒップ比で判別できる

肥満のタイプは人それぞれで、脂肪のつき方を数値で知ることが可能です。ウエストヒップ比と呼ばれる計算方法は、ウエストの値を、ヒップで割ることにより算出されます。ちなみに、測定で使用するためにウエストは、お腹周りは最も太い部分、ヒップは最も突き出している部分を計測します。

健康診断でメタボ検診が実施されていますが、お腹周りの計測を行い、男性の場合は85センチ以上、女性の場合は90センチ以上ある場合は、ヒップも計測し、この方法でメタボ度合いを調べるのです。

ウエストヒップ比は、隠れ肥満を測定するのにも適しています。身長と体重の比率で肥満度を測る方法がありますが、それだけで見つけにくいのが、内臓の周りに脂肪が付いているタイプでしょう。肥満のタイプは、果物に例えられて下半身に多く脂肪がついている洋ナシ型と、お腹周りについているリンゴ型に分けられます。

そして生活習慣病にかかるリスクが高いのが、リンゴ型なのです。それを見つけるために、有効な測定方法です。ただし、この数値はあくまでも目安です。本当にメタボの危険性があるのかどうかは、CTを撮り、体脂肪率、血中のコレステロール値などから総合的に判断するのが、確実でしょう。

メタボと診断されたとしても、すぐに病気にかかるわけではありません。内臓脂肪は、生活習慣を改善するだけでも、それほど苦労せず落としやすいという特徴があります。食生活を見直し、定期的に運動をすることで改善が可能ですが、それを辞めると元に戻るので、予防のためにも続けるのが望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ