ローカーボダイエットで糖質を抑えスリムな身体に

ローカーボという意味は糖質制限という意味です。私達の食生活では欠かせない米やパンなどの炭水化物は、糖質と食物繊維から出来ているのです。つまり食生活で摂取する糖質を制限するダイエット法になり、考案者のロバート・アトキンス氏の名前を取り、アトキンスダイエットとも呼ばれています。

炭水化物を摂取しないとインスリンが作られず、体内に必要なエネルギーが作れません。その結果脂肪細胞が分解されて作られたケトン体を、エネルギーに変換して使用します。ケトン体が作られる過程で脂肪細胞が消費され、それゆえ脂肪が燃焼されるというわけです。

医学的にも理にかなっているローカーボダイエットですが、お米が主食の日本人にとっては、食事が物足りなく感じてしまう可能性が出てきます。
炭水化物を制限するということは、メインの主食を他の食材で代用しなければならないということです。

米やパンだけでなく、糖類の多い味噌やみりんなどの調味料にも気を付けなければなりません。よってたんぱく質や脂質から栄養を取ることがメインになります。野菜や果物もその種類によっては、制限をかけないといけません。

高タンパクな食事中心になり、急激にケトン体が増加するため内蔵を痛めやすく、健康を損なう恐れがあると専門家は警告を出しています。あれもダメこれもダメと考える事自体が、返ってストレスを抱えてしまうこともあります。あまり無理な食事制限をせず、個々人にあった無理のない食事をすることが、より重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ