リンゴ酸には疲労回復を早める良い効果がある

リンゴは健康や美容に効果の高い果物として有名です。例えば、長寿県として有名な長野県はリンゴの産地としても名高く、そのお蔭で健康を保つことができていると言われるほどです。これにはリンゴ酸と呼ばれる有機酸が、たくさん含まれています。

もともとリンゴにはそれ以外にも、クエン酸などのさまざまな有機酸を含んでいて、そのさわやかな香りと酸味はそれらの働きによるものなのです。その他食品の、香料としても使われています。

リンゴ酸には、疲労回復を助けてくれる効果があります。疲れがたまってくると、疲労物質が体に蓄積されていきます。それを早く分解することで疲れから早く回復できるのですが、その分解を助けてくれ、新陳代謝を高めるのに、働いてくれるのです。食べ物から取り込んだ栄養を、エネルギーに変えやすくしてくれるので、太りにくくなるでしょう。

老化現象を引き起こす活性酸素に対しても、抗力を発揮してくれるので、アンチエイジング対策にも適しています。また、カルシウムの吸収率を高くしてくれます。牛乳やヨーグルトなどのカルシウムを多く含む食品と一緒にとることで、単体でとるよりもカルシウムの球種率が高くなるのです。

食物繊維も豊富なので、便秘や腸内環境を整えるためにも有効でしょう。整腸作用もあるので、お腹を下してしまっているときにも、優しく腸をいたわってくれます。リンゴを食べるなら、栄養成分がたっぷりと詰まっている皮まで一緒に食べるのが効率がよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ