ヨーヨー現象とは、ダイエットとリバウンドを繰り返すこと

せっかくダイエットに成功したのにまた体重が戻ってしまうことを、リバウンドと呼びます。減量できた達成感から気がゆるんだり、頑張った自分へのご褒美として、好きな物を食べてしまうからです。また、今まで頑張っていた食事制限や運動までも、目標を達成したことでやらなくなってしまうと、リバウンドしてしまいます。

このリバウンドを繰り返すことを、おもちゃのヨーヨーに例えて、ヨーヨー現象と呼びます。その繰り返しが、太りやすい体を作っていることを理解しましょう。ダイエットのやり方によっては、体重が減っても体脂肪が落ちたとは限りません。体にとって必要な、筋肉や骨までも減少しているからです。

それをダイエットの成功だと勘違いし、食事を普通に戻して運動までしなくなってしまうと、あっという間に体重が戻ってしまいます。その時に体重として増えたのは、残念ながら脂肪なのです。つまり、筋肉や骨の量が減ってしまって、脂肪だけが増えたのですから、以前よりも体脂肪率が高くなってしまうということです。

ヨーヨー現象を繰り返すと、体脂肪率がどんどん高くなっていきます。さらに、内臓機能までも弱まり、基礎代謝量自体も低くなってしまうのです。

それを防ぐためには、どうすればよいのでしょうか。答えは筋肉をつけることと、極端な食事制限をしないことです。脂肪は筋肉が燃やしてくれますので、それが減ってしまうと脂肪が燃えにくく、そして代謝量が減少します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ