ラクトフェリンは、肥満と関係の深い歯周病対策にも効果あり

ラクトフェリンとは、タンパク質の一種です。テレビCMやドラッグストアで、これが配合されているヨーグルトや、健康食品などが販売されているのを見かけたことがある方も多いでしょう。様々な効果効能が期待できますが、ダイエットや美容に関心の高い方に適した成分です。

脂肪の吸収をブロックし、分解を促す効果があります。脂肪が増える原因は、消費カロリー以上に、摂取カロリーが増えてしまい、そして脂肪を合成する細胞の働きが高くなることで、体内で合成されてそれが蓄積されることです。ラクトフェリンは、その細胞に働きかけて、合成を抑制してくれます。

脂肪を分解する酵素、リパーゼの働きを高めてくれるので、現在体に付いている脂肪を燃やすのも助けてくれるのです。さらにリパーゼの働きを高めるために、その働きを阻害する物質を抑制し、リパーゼが働きやすい環境を整えてくれるでしょう。

また、歯周病の改善する効能があります。歯周病とダイエットには一見何の関係もなさそうですが、実は歯周病が持つ毒素は、血中のコレステロール値を上げる、中性脂肪値を高くする原因であることがわかりました。歯周病を改善するだけでも、ダイエット効果を高めることができます。ラクトフェリンにはその効果があるのです。

さらに、腸内環境を整えてくれます。ストレスや不規則な生活、食生活の乱れにより、腸内環境が悪化している現代人は大変多いのです。腸内の善玉菌の数を増やし、溜まっている毒素を排出してくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ