モデル体重を目指すなら筋肉をつけて、体脂肪率を落とす

テレビで見かける女優やモデルは、とても細いです。一体何を食べてあのようなスタイルを維持しているのか、実際の体重は何キロくらいなのかが、気になる方も多いでしょう。実際にモデル体重について調査してみると、公表されているサイズは予想通りとても少ないです。

身長が160センチ以上でも、体重が40キロ台という方が少なくはありません。
もしもモデルのような体型を目指すのであれば、体重よりも体脂肪の量を重視したダイエット方法を実践しましょう。モデルはただ単に細いだけではなく、気になるパーツが引き締まった理想的な体型を持つ方がほとんどです。

その体は、単なる食事制限だけではなく、運動やエクササイズによって作られているからです。同じくらいの身長、体重の女性を比べてみても、二人とも体型が全く違うように見えることがあります。それは体脂肪の量が関係しているからです。

脂肪は筋肉よりも軽いので、それが体に沢山ついていると丸く見える、つまり見た目が太って見えます。逆に筋肉が多くついていると、引き締まっているので痩せて見えるのです。しかもモデルのような体型を維持するためには、筋肉の付け方も重要になってきます。

筋力トレーニングの方法を誤ってしまうと、筋肉の付きすぎになり、ボディビルダーのような体型になってしまいます。そこで細くしなやかな筋肉をつけられるような運動や食事療法を選んで、実践します。程よく筋肉がつけば、太りにくい体が手に入るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ