水太りはその原因を知ることで、簡単に防ぐことができる

水太りという言葉があるように、水の飲み過ぎで太るのは事実です。健康や美容のためにも、水を多く飲むことが望ましいと言われていますので、無理して沢山水を飲んでいる方も大勢います。水はカロリーがないから、いくら飲んでも太らないと考えてはいないでしょうか。

水が太る原因となり得るのは、本来、体の外へ出るはずの水分が、体にとどまってしまうことで、体重を増やしている状態であるためです。水太りに該当する方は、不要な水分を体外に出すと、体重を落とすことができるでしょう。それが原因で太っている方、冷え性となっている方が、意外と多いのです。

原因さえわかれば、水太りは簡単に防げます。一つが、一度に大量の水分を取ることです。人間が一度に代謝できる水分量には、限界があります。喉も渇いていないのに大量の水分を取ることで、それが処理しきれず体内に残るのです。

代謝機能が鈍っている時間帯に、多く水を取るのも原因となります。
人間の体は時間帯によって、代謝機能が活発に働いている時間と、そうでない時間帯に分けられます。朝起きてから昼過ぎまでは、代謝機能が活発なので、その時間帯に水を飲むと、体外に排出されやすいのです。

ところが夜寝る前に、水分を多くとると代謝が鈍っているため、体内にとどまりやすく、翌日むくみとなって出てきてしまうでしょう。冷たい水を飲むことも、原因の一つで、冷たい物を取ると、内臓を冷やし代謝機能を弱めてしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ