防風通聖散は内臓脂肪型肥満の解消に効果がある漢方薬

防風通聖散とは漢方薬の一種です。お腹周りに脂肪がたっぷりとついている内臓肥満型の方、便秘がちな方、目が充血しやすい方の症状改善が期待できます。それを飲むことで、体の熱を上げて汗をかかせる、便通を改善、利尿作用により、体の中に溜まっている毒素を排出し、症状の改善をしてくれるでしょう。

これは漢方薬ですが、一般のドラッグストアで購入が可能です。多くの製薬メーカーが防風通聖散を販売していますので、お店に行って見てみましょう。お医者さんでも、漢方を扱っているところなら、それを処方してもらえます。

防風通聖散を飲むタイミングですが、空腹時に飲むのが望ましいです。胃腸への吸収が最も良い時間を見計らって飲みましょう。ただし、胃腸が弱い方に限っては、空腹時に飲むと、胃への刺激が強くなるので、食後に飲んだほうがいいです。ちなみに漢方薬を飲むときは、冷たいお水よりも、白湯で飲むことをおすすめします。

暖かいお湯の方が、効果が出やすいからです。
漢方薬は西洋のものと比較しても、体に優しく副作用が少ないと言われているものの、それが起こることもあります。胃腸が弱く、虚弱体質の方はそれを飲むことで不快な症状が現れるかもしれません。

またお医者さんで処方されているお薬と、併用することで副作用が見られることもあります。もしもそのような症状が表れたら、すぐに服用をやめて、お医者さんや薬剤師さんに相談することをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ