ダイエットの無理な食事制限が便秘を引き起こす理由について

なかなか体重が落ちないと、無理なダイエットに陥ってしまう方が見られます。食事を大幅に制限するようなダイエットは、決しておすすめはできません。それが便秘の原因となり、ますます太りやすい体を作ってしまうでしょう。ダイエットを成功させるためには、便通をよくするのが効果的です。

その理由は腸には体の老廃物が溜まっているからで、それがずっと腸に存在していると、その有害物質が体に吸収されてしまい、代謝機能の衰えや病気、肌荒れを起こしてしまうでしょう。無理なダイエットを実行すると便秘になるのは、腸の運動が低下することが原因です。

腸は胃から送られてきた食物を、消化そして排せつする機能ですが、食物が来なければ、その働きが鈍ってしまいます。便は適切な量があることで、排便が促されますが、その量が減ると、お通じも起こりにくくなります。水分量の低下も原因です。食事を制限すると、本来食物から摂っているはずの水分量も、大幅に低下します。

スムーズなお通じを助けるはずの水分が、不足してしまうため余計に出なくなるのです。
筋力が低下することも要因になります。食事制限をしすぎても、体は必要な栄養素を自ら作ろうとする機能が備わっていて、その時にエネルギー源として使われるのが、筋肉なのです。

腸の周りにも筋肉が存在しており、その働きのお蔭で、腸の動きを活発にすることが可能となっています。それが不足してしまうことで、活動が妨げられるためお通じが悪くなるのです。健康的のためにも、無理な食事制限は絶対に行ってはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ